妊娠期間中のお母さんのお悩み、役立ち情報

妊娠中の抜け毛、産後の抜け毛の原因と対策!いつまで抜ける?治るの?


妊娠期間中の抜け毛でお悩みのママさんが多くいらっしゃいます。

妊娠期間中の脱毛には妊娠中(産前)に起こるパターンと産後に起こるパターンの2種類があります。

①妊娠中(産前)の抜け毛について
妊娠から出産までの女性の髪の毛は「エストロゲン」という女性ホルモンによって大きく左右されます。

「エストロゲン」は肌や髪の新陳代謝を促して、潤いを守り、ハリ・ツヤを生み出す作用があり、妊娠すると徐々にこの「エストロゲン」の分泌が増え、髪の毛が増えていきます。

ただ髪の毛の量が多くなるということは新陳代謝が良くなることで、毛の生まれ変わりの周期が早くなり、抜け毛も増えるということです。

ママの中には妊娠中は髪の毛が増えたという方も多くいらっしゃいます。

逆に抜け毛が増える方もいますが、それは新しい髪に生まれ変わっている状態であり、特に心配する必要なはいと言えます。

ホルモン(エストロゲン)の分泌以外で抜け毛が考えられる理由として、つわりによる食欲不振、不安やストレスなどのメンタル面が不安定になることもヘアサイクルが乱れる原因です。
これにより、抜け毛が増えるケースも考えられます。


②産後の抜け毛について
前述した「エストロゲン」ですが、出産後は分泌がガクンと減少して妊娠前の量に戻り、今まで成長期を維持していた髪が、一気に退行期や休止期に入ってしまうことで抜け毛が増えます。
これが「産後脱毛(分娩後脱毛)」です。

産後脱毛(分娩後脱毛)がいつまで続くかは、個人差があります。
大半の女性が、半年~1年前後で元の毛髪の状態に回復してきますが、中には1年以上経過しても抜け毛が治まらない人もいます。

もし長く産後脱毛が続く場合は
・慣れない育児(授乳、夜泣きなど)による生活習慣の変化
・栄養バランスの乱れ
・産後のストレス(マタニティブルー)

等が考えられます。

特に出産後はこれまでの栄養バランスが変化しがちです。
産後は母乳をつくるために、母体が多くの栄養を必要としており、健康な髪の毛をつくり育てるために必要なタンパク質や鉄分、ビタミン、亜鉛などが極端に不足しがちで、これらの成分の不足は発毛や育毛にも悪影響です。


【実践してみよう!妊娠中~産後のヘアケア対策】

①バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。


妊娠中はなるべくバランスよく食事をとることで、抜け毛を予防しやすくなります。
つわりで食べられないものが多い場合は、サプリメントやドリンク剤などを活用するとよいでしょう。
産後はタンパク質や鉄分、ビタミン、亜鉛などが極端に不足しがちです。
育毛、発毛には非常に大事な栄養素なので、しっかり摂取していきましょう。

②ストレスを貯めこまない。


赤ちゃんが生まれると、生活のリズムががらりと変わります。
睡眠時間が少なくなるのはもちろん、外出さえ思うようにできません。
ストレスも溜まりがちになるので、適度な運動や睡眠、趣味などの時間を作り、リラックスすることが重要です。

③妊娠期間中~産後に使える育毛剤でヘアケアを行いましょう。


妊娠中はママの肌や頭皮は乾燥しがちです。
頭皮の乾燥は抜け毛に繋がります。
頭皮の美容液でうるおいバランスを整え、すこやかな髪が育つ土台を作ることも非常に重要です。



「スカルプははこ」(120ml 4,320円)は、女性ホルモンの低下に着目した育毛処方。
有効成分であるセンブリエキスと「育毛」「頭皮環境」「毛髪強化」に特化した成分をそれぞれ配合した女性に優しい育毛剤。マッサージしながら使えばさらに効果UP。

ページトップへ