【公式】麻布化粧品株式会社 | 女性のお悩みを基に、これまでになかった美容化粧品を研究、開発しています。
ヒップアップ・美脚ジェル、妊娠線予防クリーム、産後用引締めクリーム

 

妊娠期間中のお母さんのお悩み、役立ち情報

産後のお腹のたるみはいつ治るの?

産後なかなか元のお腹に戻らないということで悩んでいるお母さん方、いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし年齢にかかわらずしっかりケアしてあげることで、伸びきった皮は少しずつ戻っていくのでご安心ください。

もちろん、出産した年齢が若いほど回復力は早いですが、高齢出産であってもケアを持続することでお腹は少しずつ戻っていきます。

また、初産よりも経産婦の方が、お腹が戻りにくいと言われていますが、こちらもきちんとケアをしていけば、元の状態に近づいていくでしょう。

 

お腹が元の状態に戻る時期

一般的には産後3ヶ月~4ヶ月後で産前の状態に近くなると言われておりますが、遅い方だと半年程度かかる方がいらっしゃいます。

半年は一つの目安で、半年後もお腹がかなり出ているようですと、脂肪が固まっていき、なかなか元の状態には戻らないこともありますので早めにケアしていくことが大切です。


ケアを始めるべき時期


産後半年間は体重を落としやすい時期ですので、出産後無理をしない程度、できる範囲内でケアしていきましょう。

ただし出産後6ヶ月~8ヶ月は産褥期(さんじょくき)といい、産後の体力を回復しなければならない時期です。

無理な食事制限や筋トレなどを行わないよう、体調を最優先にしましょう。

 

お腹を元に戻すためには具体的にどのようなことをしたらいい?


普段から気を付けるべきこと

■食生活の見直し

妊娠中は赤ちゃんへの栄養補給の分もあり、食欲が旺盛になるものですが、出産後も体質やホルモンバランスの変化で、以前より食欲が旺盛になり、体重が増える方がおおくいらっしゃいます。

また妊娠中赤ちゃんによって圧迫されていた胃が出産後は元の位置に戻るので、食欲が増えます。

更に赤ちゃんへの母乳を生成するための栄養も体が欲するので、食欲が旺盛になりがちです。(母乳をしっかり赤ちゃんに与えることも、お腹を元に戻すのに有効です。)

食生活、食のバランスを一から見直し、体重管理をしっかりすることで、元のお腹に戻していきましょう。


■姿勢(猫背)を正す

産後にお腹がたるんでしまうのは、姿勢が悪くなってしまうことも関係しています。

産後は身体の状態が不安定になるため、どうしても身体をかばおうと背中が丸まり猫背になってしまいます。

また、赤ちゃんの授乳やおむつ替え、寝かしつけなどすべての動作が前かがみになるため、姿勢がどんどん崩れやすくなってしまうのです。

猫背で姿勢が悪いままの状態が続くと、お腹が圧迫されたるんだ状態が改善しにくくなります。背筋をピンと伸ばしてお腹もまっすぐ伸ばしている状態に比べると、お腹が戻る回復スピードは格段に遅くなってしまうでしょう。


■運動不足の解消

産後は生まれてきた赤ちゃんの世話で手一杯・・・

忙しい毎日の中でも、軽いお散歩や夜寝る前に簡単にできるストレッチなどをすることは重要です。

産後3ヶ月程度経過し、出血等もなくなれば無理をしない程度でスポーツを楽しむことも良いでしょう。(本格的なスポーツを開始する時期は担当医師に相談しましょう。)


産後専用グッズで更にケアしましょう!

■産後専用の引締めクリーム

産後専用のクリームでお腹をマッサージし、血行を良くすることで余計な脂肪を燃焼させて元のお腹に戻しましょう。

出産のためにたくさんの栄養をおなかの赤ちゃんに与えたお母さんのお腹は栄養が不足しがちで、更に急なダイエットや運動でお腹を元に戻そうとすると、産後特有の皴のあるお腹になってしまう場合があります。

元のハリ、ツヤのあるお腹に戻すにはお腹を十分に保湿し、クリームでマッサージすることが重要です。

産後の引締めクリームを利用する場合は、引締めと同時に保湿も可能なクリームがおすすめです。


■骨盤矯正ベルト、ガードル、ショーツ

骨盤を左右前後から締めることで、正しい位置に補整してくれる骨盤矯正グッズ。

ベルト、ガードル、ショーツ、スパッツなど様々な種類があります。

基本的にそれらのグッズは履くだけで良いため、毎日続けやすいというメリットがあります。

ただし矯正グッズの締め付けがきつ過ぎると血流が悪くなり、かえってお腹が戻りにくくなるので注意が必要です。


その他

■産後専用の骨盤整体、カイロプラクティック、産後ヨガのお店では、整体施術やストレッチを通して骨盤を元の位置に戻し、お腹を元通りにします。

以上の方法で産後のぽっこりお腹を焦らずにゆっくり元に戻していきましょう。

できてしまった妊娠線は消えるの!?


結論から言えば妊娠線ができてしまった後に完全に消すことはできません。


まず妊娠期間中にできたばかりの妊娠線はミミズ腫れのような、凹凸があるデコボコの線となります。

出産後、その凸凹した妊娠線は徐々にピンク色となり、半年もたてば白っぽくなり(皮膚に近い色)になり、目立たなくなっていくでしょう。

まずは出産後半年は、自然に薄くなっていくので、その経過を見ていきましょう。


半年たった後、まだ妊娠線が目立つ、気になる、もっと薄くしたい、とお考えのお母さんは多くいらっしゃいます。

インターネットで 「妊娠線 消す」 「妊娠線 薄くする」などのキーワードで検索すると大きく分けて次の3つの方法が出てくるかと思います。


①妊娠線を薄くするクリームを塗る

②美容系施術(ダーマローラー施術、炭酸ガス治療)

③医療系治療(レーザー治療、皮膚移植)


この中で一番効果がないと思われるのが①です。

まず妊娠線ができる仕組みですが、妊娠によって急激にお腹が大きくなることで皮膚に負担がかかり、皮下組織(真皮コラーゲン)等が断裂することで、お腹に凹凸のような線が現れます。

これが妊娠線と言われているものです。



よって妊娠された方は上記のような皮膚組織の断裂が起きないようにするために、お腹の皮を常に柔らかく保つ(保湿する)ことで妊娠線を予防します。


確かに妊娠線ができる過程において、保湿することで皮膚の断裂を防ぐことは非常に効果的ですが、一度皮膚の断裂が起きたもの(妊娠線の形成後)を保湿によって組織を再生することは不可能です。

正直、妊娠線は消えるどころか、薄くなることもないかと思います。


②はローラーや注射によりコラーゲンの生成を促進させることで妊娠線を薄くする施術ですが、断裂を再生させる効果があるのかは不明です。


③は今一番妊娠線を「目立たなくさせる」効果があると言われている方法です。

ただ本格的な美容手術となりますので、お気軽に、、、というわけにはいかないでしょう。

料金も病院によってマチマチですが、結構いい値段します。

※皮膚の移植は移植した部分のつなぎ目が残る場合があります。また患者への負担も大きいと言われております。


よって薄くするという観点で順位をつけると、

③→②→①

となりますが、どれも一長一短でおすすめはできないです。

またどの方法を取っても「妊娠線を完全に消す」ことはできません。


ただ妊娠線ができたからといって、それはむしろお母さんの勲章でもあるので、余程美容に気遣われている方以外はそのままでいて全く問題ないかと思います。

実際、現在においても経産婦(出産の経験がある妊婦さん)になると80%以上の方に妊娠線が残っていると言われております。

できたからといって自分だけではないのでご安心ください。


  

妊娠線予防クリームを塗り出す時期っていつ!?いつまで塗ればいいの!?



妊娠線ができ始めるのは妊娠5ヶ月目くらいからが一般的に多いと言われていますが、早い人では3~4ヶ月目にでき始めることもあります。

よってクリームの使用開始時期は妊娠3ヶ月目~がベストです。
 

また出産後、お腹が引き締まってきたあたりに、皮膚の収縮により、急に妊娠線ができる方もいらっしゃいますので、出産後1か月間程度はご利用いただくことをお勧め致します。

妊娠線はお腹だけではなく、脇腹、お尻、太もも、胸、腰、中には背中にできる方もいらっしゃいます。
妊娠線予防クリームはお腹以外の上記箇所にもしっかり使用してください。



  

妊娠線ができる理由 & 妊娠線を予防するにはどうすればいいの!?

妊娠線に対する意識の変化

今から30年ほど前までは、妊娠線があることは「出産経験がある一人前の女性の勲章」として、特に気にする女性はいなかったと言われております。
しかし昨今では妊娠・出産後も美しい女性であり続けたいという美意識の変化から、妊娠線の予防を行う女性が増えてきています。

妊娠線ができる部位や特徴は人によって個人差がありますが、現在でも約50%以上の妊婦さんに妊娠線ができています。
また、経産婦の方(出産の経験がある妊婦さん)になると80%以上の確率で妊娠線ができるといわれています。
つまり、女性が出産を迎えることで妊娠線ができる確率は非常に高いといえます。
妊娠線ができてしまった場合、産後に妊娠線は多少薄くなることはありますが、完全に消えることは絶対にありません。


 

妊娠線ができる2つの理由

一番大きな原因と言われているのが皮膚の急激な伸びです。
妊娠中は体重の増加と共に胸やお尻、もちろんお腹も大きくなります。
皮膚の表面は一緒に伸びますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけずに、そこに断裂が起こり、妊娠線が形成されます。



もうひとつの原因はステロイドホルモンというホルモンの影響です。
妊娠中はホルモンの分泌が増加しますが、このホルモンに肌の弾力を失わせる働きがあります。
皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっていますが、このホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。

ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが弱くなってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。

妊娠線を予防するには

妊娠線の予防には次の3つを心がけましょう。

①妊娠線クリームを用い、常に保湿を心がける。
②栄養の取れた食事
③体重管理

①妊娠線予防クリームを用い、常に保湿を心がける。
妊娠中は肌コンディションが変わり、乾燥しやすくなる上に、急激な体重増加により皮膚(真皮、皮下組織)が断裂しやすい状態になります。
よって十分な「保湿」をすることで、皮膚が柔軟に伸縮できる状態にすることで、妊娠線の形成を防ぐことができるのです。
特に夜間は乾燥しやすい時間帯なので、お風呂に入って皮膚が柔らかくなった状態にたっぷりの妊娠線ケアクリームを塗って保湿しましょう。

②栄養の取れた食事
偏った食生活でお肌のコンディションが落ち、妊娠線ができてしまう場合もあります。
妊娠期間中はバランスの良い食生活を心がけ、特にお肌の保湿によいと言われる栄養素も積極的に取り入れましょう。

③体重管理
また急激に体重が増加してしまうと、その分お腹も大きくなります。しかし、真皮や皮下脂肪はそのお腹の急激な伸びについていけず、皮膚の弾性繊維が変わり、妊娠線ができてしまいます。体重は緩やかなカーブを描くように増加するのが理想的ですよ。
妊娠5ヶ月頃の安定期に入ったら、体重管理のために、散歩やマタニティヨガなどで適度に体を動かしたり、食事のメニューを工夫して栄養バランスを整えたりして、自分にあった方法を日々実践していきましょう。


  

妊娠線ができやすい人、できにくい人の違い

出産後もキレイなお腹でい続けたい!妊娠線はできるだけ作りたくない!

そういったお母さんが増え続けています。

みなさん、妊娠線予防クリームなどを使ってケアしているかと思いますが、そもそも妊娠線ができやすい人と、できにくい人って違いがあるのでしょうか!?



妊娠線ができる部位や特徴は人によって個人差がありますが、現在でも約50%以上の妊婦さんに妊娠線ができています。
また、経産婦の方(出産の経験がある妊婦さん)になると80%以上の確率で妊娠線ができるといわれています。
つまり、女性が出産を迎えることで妊娠線ができる確率は非常に高いといえます。

しかし世の中には妊娠線ケアクリームなどでケアしなくても、一切妊娠線ができない人がいるのをご存知でしょうか?


妊娠線ができづらい体質の人はこんな特徴があります。

・全身の血行が良い人

・お腹の皮膚、皮下組織が柔らかい人

・お腹の皮膚が乾燥しない人

・ストレスを多く受けてない人

・皮下脂肪が少ない人


逆に妊娠線ができやすい人はこんな特徴があります。

・お腹の皮膚が乾燥がちの人

・血行の良くない人

・肥満体質の人

・体重の増減が激しい人

・ストレスを多く抱えている人


これは妊娠線ができるメカニズムに関係しています。

妊娠線ができる理由として、一番大きな原因と言われているのが皮膚の急激な伸びです。
妊娠中は体重の増加と共に胸やお尻、もちろんお腹も大きくなります。
皮膚の表面は一緒に伸びますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけずに、そこに断裂が起こり、妊娠線が形成されます。

もうひとつの原因は「ステロイドホルモン」というホルモンの影響です。
妊娠中はホルモンの分泌が増加しますが、このホルモンに肌の弾力を失わせる働きがあります。
皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっていますが、このホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。
ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが弱くなってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。

またストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、お腹の保湿力が弱い人は、皮膚の断裂が起きやすく、妊娠線の形成に繋がっていきます。


よって妊娠線を極力できにくくするには、徹底的にお腹周りの皮膚を保湿することと、ストレスを感じずに、充実した妊娠期間を送ることが重要となります。



  

ページトップへ